取扱製品バナー
Home > 取扱製品
化学・医薬・食品製造
SILVERSON ハイシアミキサー

単に撹拌・混合する事よりも、強い剪断力を発揮するミキサー

イギリス SILVERSON社は1948年に創業以来一貫して ハイシアミキサー(日本ではホモミキサーとも呼ばれています) という、撹拌ということよりも撹拌材料に高い剪断力を与える ことを主な目的としたミキサーの開発を進めて来ましたが、 今では150カ国以上の国々で、化学、医薬、食品製造などの 広い産業分野で採用され、信頼を得てきております。

SILVERSONの先端性は、その極限までに追求されたシンプルな構造に表されています。  シンプルであるということは、すなわちメンテナンス性だけでなく、サニタリー性という観点から 特に医薬や食品製造の現場で厳しく要求される条件であり、SILVERSON社の60年以上にわたる歴史を通して、 この事が常に最も重要なテーマであったのです。
例えば、遠心ポンプ と同じような形状をしたインライン ハイシアミキサーはアメリカのサニタリー性評価基準である3-Aに認証されているばかりでなく、 同時に世界一厳しいとされている、ヨーロッパの評価基準EHEDGをクリアした世界で唯一のインライン型ミキサーであるのです。

詳しくは www.silverson.co.jp へ▶
MECOカスタムシャフトシール
グランドパッキンに代わる、新しい軸封。粉体漏れはもう常識ではありません

MECO カスタムシャフトシールは従来グランドパッキンでしか軸封の良い技術的解決手段に恵まれなかった、 回転軸装置、例えば粉体のブレンダー、真空乾燥装置、スクリューコンベヤ、 縦型アジテーターなど、低速だがブレードに大きな負荷がかかるために軸の振れが出がちで、 一般的なメカニカルシールが使えないような装置の軸封として完璧な解決手段となります。 ほとんどのモデルは分割型で、ユーザーの装置に合わせてカスタム製作されるので、 現場での改造工事やモーターなどを取り外すことなく、短時間の内にパッキンからの変更が可能です。

製品詳細ページへ▶
印刷/紙・フィルム コンバーテック
レーザーライフ社 チタンテックロール
チタンのコールドスプレーとレーザーによる彫刻・硬化処理を使った
まったく新しい表面処理方法を用いたロール製造技術。

チタンの持つ耐食性の高さに加え、窒化処理によりセラミック溶射と同等の硬度を得られます。また、マイクロポーラス(細孔)がなく、インク離れが良い。部分補修が可能で、製造コストも安いといったメリットがあります。
レーザーライフ社の長年の製造ノウハウにより、高精度のアニロックスロールを提供します。 またアニロックスロールだけでなく、エンボスロールや梨地ロール、ハードクロームに代わるアイドルローラーにも応用出来ます。

製品詳細ページへ▶
マイクロダイナミクス MD-3DQC
白色干渉計の原理を用いたコンパクトな三次元表面測定器
アニロックスロール・グラビアシリンダーのセル測定や、表面粗さ、表面性状検査に。

インク詰まりや摩耗によるセルボリュームの減少は印刷品質に大きく影響しますが、科学的に測定する手段は限られています。 マイクロダイナミクス社のマイクロスコープ MD-3DQCは、セル形状を3次元計測し実ボリュームを表示することが出来ます。また、コンパクトな本体は現場での測定が容易です。
日々セルボリュームを科学的に測定することが、印刷品質を保ち仕掛かり時間の短縮を行う為の近道となります。

製品詳細ページへ▶
CMC ウエブテンション コントロール
40:1という今までにない広い検知範囲、全部で60種類以上という
定格モデルの選択肢で、あらゆるアプリケーションに対応

日本のウエブコンバーテック業界において今、最も活況を呈しているのは、エレクトロニクス業界が求める、より薄いフィルムに高度な加工が施されるような製品ですが、その扱いが非常にデリケートであるために生産性を上げることがなかなか難しい事とされ、装置メーカー各社の技術力の見せ所となっています。

CMC社が提供する最新のウエブ張力検知用トランスデューサー(ロードセル) ウルトラライン シリーズは40:1という広い検知範囲を持ち、極低張力から高いレンジまで、最新のサーボ制御システムが要求する高い応答性と精度を約束、今まで以上の速度アップや生産性向上に寄与します。

製品詳細ページへ▶
CADENCE レザー刃・カスタムブレード
長寿命の高速度鋼レザー刃を、世界随一の連続製造工程により低コストで提供
さらに長寿命のジルコニアセラミック製なども。カスタム製作では一本から製作可能

アメリカ バージニア州に本拠を置く、レザー刃や医療用刃物のトップメーカー Cadence社が総力をあげて完成させた、コイル状の高速度鋼から焼き入れや刃付け研磨を連続で出来るラインから生み出される新開発製品エンドリアムM2というレザー刃は一般的なカーボンスチール製に比べて約10倍という長寿命を達成しながら、連続工程により可能になった今までにない低コストで、フイルムスリット工程などの合理化に多大な貢献をします。

製品詳細ページへ▶
ATEM エアシャフト
低コスト、軽量、しかもエアチューブ交換などの修理が現場ですぐに可能

イタリアATEM社のアルミプロファイル製エアシャフトは、その優れたデザインで、従来の一般的なシャフトに比較するとはるかに軽量で、作業員の負担を軽減、しかも低コストで、また万が一のエアチューブの破損時には現場で使用者が簡単に修理できるという優れた特質を持っています。欧米ではこのスタイルが最も普及したシャフトになっています。

製品詳細ページへ▶
Opti-Color 自動粘度コントロール
現在ユーザーが現場で使っている、ザーンカップなどの秒数を
そのままで数値設定し、高い精度で粘度を制御できる

ウエブの2次加工ラインにおいては、溶剤系、水系を問わず様々な塗工材によって表面処理がされています。 このコーティング技術がうまく行っていない場合、塗工膜の均一度が保たれずムラになり製品の最終品質に大きな影響を及ぼしますが、その原因の一つが、如何に精度の高い粘度コントロールをするかということにあるのです。
その理由は希釈剤である、特に炭化水素系溶剤は常に蒸発する傾向にあるので、そのままにしておくと、どんどん塗工剤の粘度が上がる、すなわち必要以上の塗工基材がウエブに乗せられて行くということなのです。 また精密な粘度制御は品質を向上させるだけでなく、塗工基材そのものを15〜20%も節約出来るというデータが出されているのです。
ドイツのオプティカラー社はウエブコンバーテック業界のみならず、自動車やアルミ缶製造などの業界において、インラインの粘度制御の技術を開発し続けてきたメーカーとして世界の最先端を行っております。

製品詳細ページへ▶
Atlantic Zeiser ナンバリング
バーコードなど機械式ナンバリング、またインクジェットなどのデジタル式
ナンバリングやそれらのコンピューターコントロールの分野で世界をリード

ドイツのアトランティック ツァイサー社は、紙幣の連続番号印刷や、バーコード印刷用ナンバリングとコンピューターによる制御システムの分野では世界でも有数のメーカーです。
今では、機械式よりもインクジェットなどのデジタル印刷分野で大きな成果を上げています。

詳しくは www.atlanticzeiser.com (英語)へ▶
SCHOBER ロータリー パンチ&ダイカット システム
ロータリー刃物だけでなく加工機械もコンプリートで設計・製作する世界有数のメーカー

ドイツのショーバー社は紙やフィルムの打ち抜き用ロータリー刃物やシステムのメーカーとしてすでに70年近い歴史を有しています。 
同社はロータリー刃物だけでなくそれを搭載する加工機械から一貫してデザイン・製造してユーザーの固有のニーズに応えることで高い評価と信頼を得ております。

詳しくは日本語カタログダウンロード(1.18MB)
または www.schobertechnologies.de (英語)へ▶
オイル・水・燃料 清浄度管理
Spin-Clean 遠心分離器
駆動モーターを使わない遠心分離器で、高いコストパフォーマンスを発揮

アメリカ Fluid Power Energy社の製造になるSpin・Clean遠心分離器は、元々ディーゼルエンジンのバイパス用フィルターとして開発されたもので、標準仕様のオイルエレメントで取り切れない数ミクロンという微細な粒子系コンタミネーションを除去する能力を持っています。
分離器内部のタービンボウルを高速回転させる動力は、高圧で流入するオイルが外部に噴射される力を利用するので、モーターなどの外部動力源が不要で、このために構造がシンプルで消耗品がなく、かつ一般的な遠心分離器に比べ遙かに低コストで製作できます。
日本のマーケットにおいては、バイオディーゼル燃料製造の原料となる天ぷら油の廃油の処理前の浄化工程や、最近ではインスタントラーメン製造ラインなどに導入され、その高いコストパフォーマンスと性能が評価されております。


この製品のより詳しい情報とご購入に関するお問い合わせは、販売業務窓口となっております、株式会社チヒロにお問い合わせ下さい。

さらに詳しく▶ (株)チヒロ 製品詳細ページ
SEPAR2000 ディーゼル燃料フィルター
燃料に混入する自由水をほぼ100%除去
燃料回路の1次フィルターとして、コモンレールエンジンのトラブルを防ぐ決め手

最近の次世代型ディーゼルエンジンは電子制御される高圧の燃料噴射装置のついたコモンレール式エンジンが標準となっておりますが、このエンジンは精密な噴射制御がされるだけに、今まで以上に、燃料の水やコンタミによる汚染を嫌います。
特に水は超高圧の噴射ノズルに入り込むと、爆発的な膨張によってエンジンを破損させるという重大な結果をもたらします。
ドイツ W.L.F.T社のSEPAR-2000シリーズ ディーゼル燃料フィルターは燃料タンクの直後に付ける一次フィルターとして、タンク内に溜まった水がエンジンに流入するのを、その機械的な構造によって、ほぼ100%阻止すると同時に交換可能なエレメントが10ないし30ミクロンレベルのスラッジなどコンタミを除去します。
高価なエンジンを守る安価で頼りがいのあるフィルターです。 。


この製品のより詳しい情報とご購入に関するお問い合わせは、販売業務窓口となっております、株式会社チヒロにお問い合わせ下さい。

さらに詳しく▶ (株)チヒロ 製品詳細ページ
PC9001 オイルパーティクルカウンター
低コストでありながら高い信頼性を発揮
オイルの科学的な清浄度管理に必須の検証器

イギリス Filtertechnik社のレーザービーム投射型パーティクルカウンターPC9001は、オイル回路にオンラインで取り付け出来、 ISO4406ないしNASのオイル清浄度指標に従ったデータを逐次表示し、さらにそのデータは接続されたPCに随時ログアウトできるカウンター です。
その安定した性能と低コストによって世界中で多くのプラントに実装された実績を上げています。

私共では、独自にアメリカVarna Products社に専用の小型オイルポンプの開発を依頼、それを組み込んだ低コストな携帯型オフラインパーティクルカウンター PC9001-Pを開発、科学的なオイルの清浄度管理に寄与します。


この製品のご購入に関するお問い合わせは、販売業務窓口となっております、株式会社チヒロにお問い合わせ下さい。

さらに詳しく▶ (株)チヒロ 製品詳細ページ
SPECTREXパーティクルカウンター
ちいさなビーカーに入れたままの水・洗浄剤などの清浄度管理に
特に精密洗浄などに使われる純水の汚染度を測るような目的に最適な検証器

アメリカ Spectrex社のレーザービーム散乱光式パーティクルカウンターは特に水の汚染度を検査するオフラインタイプのカウンターとして有効で、100cc程度のサンプル水をビーカーに入れてそのまま計測できます。
一般的なフローセル方式と違い、テストのたびに煩雑なフローセルの洗浄が不要で、作業現場での高い利便性が得られます。
アプリケーションの代表的なものとしては、精密部品の洗浄水の汚染度を管理する機器として安定した性能を発揮します。


この製品のご購入に関するお問い合わせは、販売業務窓口となっております、株式会社チヒロにお問い合わせ下さい。

さらに詳しく▶ (株)チヒロ 製品詳細ページ
VARNA プレ潤滑ポンプ
長期間のメンテナンス/トラブルフリーを実現した、小型の特殊ベーン型オイルポンプ

アメリカのVarna Products社は特殊な小型オイルポンプの開発に特化したベンチャー企業で、365日昼夜休むことなく働き続けても、長期間故障やメンテナンスの手間をとらせない長寿命ポンプを供給しています
2010年には、エンジンメーカーのカミンズ社に、エンジン始動前にエンジン内部を潤滑させるPre-Lubeポンプ が標準仕様として採用された実績を持っています。


この製品のより詳しい情報とご購入に関するお問い合わせは、販売業務窓口となっております、株式会社チヒロにお問い合わせ下さい。

さらに詳しく▶ (株)チヒロ 製品詳細ページ
MAGNOM インライン マグネットフィルター
絶対に目詰まりを起こさず、油圧回路中にある
ソレノイドバルブの直前に設置し微細鉄粉を捕捉できるインライン型フィルター

油圧によって駆動される様々な加工機械には、アクチュエーターの動きを制御するために精密なサーボバルブが多く使われていますが、これらの摺動部の公差は精密なものでは5/1000mmというもので、もしこの隙間に研磨性の高い粒子コンタミが入り込むと摺動面が傷ついたり、焼きを起こしたりして、ついには大型の加工機が停台するというトラブルになります。
Magnomのインラインフィルターは特殊構造のプレートによる高い捕集効率でサブミクロンのコンタミを捕捉することで、サーボバルブなどを含め油圧機器全体の故障を格段に減らすことができるのです。

製品詳細ページへ▶


この製品に関するお問い合わせは、販売業務窓口となっております、
株式会社前田シェルサービスにお問い合わせ下さい。

(株)前田シェルサービス▶
機械要素・計測器類
ステンレスモーター
水冷式大型モーターはモーターの廃熱が工場用水の温水化に利用でき、
大きな省エネ効果を実現

アメリカ ステンレスモーター社は世界でいち早くオールステンレスのモーター開発を始めたメーカーで、熱伝導効率の悪いステンレスハウジングの欠点を補う目的で、モーターコア自体もそれに特化したものをデザイン。
BALDORモーター社からOEM供給を受け、高い信頼性を誇る各種ステンレスモーターの供給を行っています。
イギリスのSILVERSON社はハイシアミキサーを医薬品や食品製造業界に供給する時、その求めに応じてこのステンレスモーターを標準的に採用しています。

製品詳細ページへ▶
センサーテクノロジー社 トルクセンサー
弾性表面を応用したトルクセンサーは高い精度と安定した性能を発揮
トルク所要機器の高次元な研究開発などに対応

イギリス Sensor Technology社のトルクセンサーは一般的な歪み計を用いたものではなく、弾性表面波(地震波と同じもの) の理論を応用した、非接触型トルクセンサーです。 駆動軸に直接取り付けても、外乱ノイズなどの影響を受けることなく、非常に精度の高い計測が行えます。
エンジンやさまざまな高速回転装置の研究開発用などに多く採用されています。

製品詳細ページへ▶