MECOバナー
Home > 取扱製品 > MECO カスタムシャフトシール

MECO カスタムシャフトシール

MECOシールトップ
従来のグランドパッキンを使用するしかなかった回転装置、例えば粉体用ブレンダー、真空乾燥機、 スクリューコンベア、縦型アジテータなど、低速で大きな振れが出がちで一般的なメカニカルシールが 使用出来なかった装置の軸封として有効な解決手段となります。 グランドパッキンで起こりがちな、粉体やガス漏れ、異物混入、真空度低下、 シャフトの磨滅などのトラブル解決、至っては生産効率の向上とコスト削減に 大きな貢献をします。 ほとんどのモデルが分割型で、装置に合わせてカスタム製作しますので、 現場での軸の取り外しや改造が不要、極短時間の内に取り換えが可能で、 メンテナンスも容易な新しいドライメカニカルシールタイプの軸封装置です。
概要
特徴
・ドライメカニカルシール
MECOシールは、回転機用のメカニカルシャフトシールでありドライメカニカルシールの一種といえます。ドライランニングシールですので粉体機器に多くの実績があり、比較的回転数の遅い機器に対して用いられてきております。
グランドパッキンを使った機器に対し、軸封部の改造として取り付ける事が多く、シャフト径が25mm以上であれば、個々の機械に合わせてカスタム設計をすることができます。
リボンブレンダーへの設置例
リボンブレンダーへの設置例
・二分割構造
完全な二つ割り構造にて設計されますから取り付けやメンテナンス時にシャフトを機械から抜き取る必要がありません。そのため比較的短時間で取付作業を完了することできます。
回転部品の一部には消耗部品が含まれますが、それらも含めてすべて二分割構造をとりますので、メンテナンス時もシャフトシールのみを分解することでオーバーホールすることができます。
二分割構造 写真

・シャフトの振れ許容
シャフトの軸振れの許容度が大きく、通常でTIR 6mm(±3mm)の振れを受けることができます。
従来型のメカニカルシールでは、対応することが出来ない軸振れの大きい機器、例えばシャフトにかかる荷重が大きなブレンダーや、シャフト自体がたわんでしまった古い機械に設置できる可能性があります。

構造
MECOシール 構造イラスト

図は代表的なモデルEASの展開図です。
MECOシールはメカニカルシールですので、シール摺動部は固定側と回転側とで成り立っています。
固定部はハウジングとシール摺動部が一体になっており、インボードステーターとアウトボードステーターを形成します。回転部はインボードステーターとアウトボードステーターの間に挟まれて、シャフトとともに回転をします。シール摺動面はインボード側とアウトボード側の二つの面があり、それぞれプロセス側、大気側のシール面を形成します。
二つのシール面に挟まれた空間であるシール室は、外部からエアパージを導入することで、ある一定レベルの気密性が保たれることになります。摺動面からパージエアーはごく少量ずつリークをしますが、シール室に圧力計を接続しそのゲージ値を監視することでMECOシールの気密状態をゲージ圧により知ることができます。
材質
用途により使い分けがありますが、主にハウジングとステーター部分はステンレスを使用し、ローターは摩擦係数の低い樹脂を使用します。

ハウジング&ステーター: SUS304、SUS316、焼き入れ硬化処理SUS 等
ドライブエラストマー: シリコンゴム、NBR、フッ素ゴム、EPゴム 等
ローター:

MECO3000 (ポリイミド樹脂+PTFE)、
UHMW(高密度ポリエチレン)PEEK 等

     
機能と主な優位点
  • プロセス物の漏れを防ぎます
  • 有機溶剤、有毒ガスの飛散、リークをストップします
  • グランドパッキンからの異物混入を解消します
  • グランドパッキンの発熱に起こりがちな、材料の焼けによるカラメル化を防止
  • グランドパッキンの頻繁な交換作業が不要となります
  • 二分割であるためメンテナンスが容易です
  • シャフトの振れ許容度が大きい
  • 真空を保持することができる
  • カスタム製作により既設の機械に取り付けることができる
Woodex Bearing社について

MECOカスタムシールは、アメリカのWoodex Bearing Company, Inc.(ウッデックス ベアリング社)が個々のアプリケーションに応じて設計、製作をおこなっているドライランニングメカニカルシールです。

ウッデックス社は、アメリカの東海岸北部に位置するメイン州にあり、産業用回転機器のシャフトシールを30年以上にわたり、設計・製作しております。
その商品名MECOシール(メコシール)は、アメリカにおいてカスタム仕様のメカニカルシャフトシールとして広く認知されるに至っております。

用途
産業別
食品・医薬品
- 粉体の混合工程 : リボンブレンダー、パドルブレンダー
- 液体の濃縮工程 : 撹拌機、乾燥機
- 粉体の切り出し工程 : ロータリーバルブ
- 食品添加物の乾燥工程 : 真空乾燥機
- 食品添加物の移送工程 : スクリューコンベア、スクリューフィーダー
- 塩、砂糖、スターチ等の粉体の移送工程 : スクリューコンベア、スクリューフィーダー
- 砂糖の結晶化工程 : 乾燥機、タテ型撹拌機
- チョコレート原料の加熱混合 : ブレンダー、テンパリングミキサー
- プロセスチーズの混合、移送工程 : リボンブレンダー、スクリューフィーダー
- 粉末だし、スパイスの混合工程 : リボンブレンダー
食用油製造
- 有機溶剤抽出工程 : 抽出機
- 材料の移送工程 : スクリューコンベア、バケットコンベア
電子デバイス、電池材料
- 原材料のミキシング工程 : リボンブレンダー、混合機
- 原材料の移送工程 : スクリューコンベア、スクリューフィーダー
- カーボン電極材料のミキシング、移送工程 : リボンブレンダー、スクリューコンベア
- トナー原料の混合、移送工程 : リボンブレンダー、スクリューコンベア
製紙・パルプ
- 粉砕工程 : パルパー、リサイクルパルパー
- 撹拌工程 : タワーアジテーター
- 移送工程 : チップコンベア
- パルプ反応工程 : パドルミキサー、ニーダー
- 廃棄物乾燥工程 : 乾燥機
化粧品・トイレタリー
- スラリーのミキシング工程 : リボンブレンダー
- スラリー原料の乾燥工程 : ヨコ型真空乾燥機
 
装置、プロセス別
スクリューコンベア、スクリューフィーダー
- 用途 : 粉体の移送工程
- 主な適用モデル : HB、AH
バケットコンベア、バケットエレベーター
- 用途 : 粉体、スラッジの移送工程
- 主な適用モデル : EA、AH
トップエントリー撹拌機、反応機、結晶化工程ミキサー
- 用途 : タテ型撹拌機の軸封、ガス漏れの防止
- 主な適用モデル : OFS-Ⅰ、EA
タテ型乾燥機
- 用途 : スラリーの乾燥工程
- 主な適用モデル : EA、OFS-Ⅰ
タテ型 湿式撹拌型ミル
- 用途 : スラリーの粉砕撹拌工程
- 主な適用モデル : AH
粉体のヨコ型ブレンダー、リボンブレンダー、パドルブレンダー、シグマミキサー
- 用途 : 粉体混合工程
- 主な適用モデル : EA、AH、OFS-Ⅱ
2軸ニーダー
- 用途 : 粉体、液体の混練工程
- 主な適用モデル : EPSI
ヨコ型乾燥機、ドライヤー
- 用途 : スラリーの乾燥工程
- 主な適用モデル : EA、AH
ヨコ型真空乾燥機
- 用途 : スラリーの乾燥工程
- 主な適用モデル : EA、EPSI
押出機、プラスチック成型機
- 用途 : プラスチック、エラストマー、粘着剤の押出成形工程
- 主な適用モデル : EXPAC、EPSI
ロータリーバルブ、エアーロック
- 用途 : 粉体の切り出し工程
- 主な適用モデル : MECO-PAC、AH
有機溶剤抽出機、ドラッグチェインコンベヤー
- 用途 : 溶剤回収
- 主な適用モデル : EA
ペーパー撹拌、パルパー、ストックチェストアジテーター
- 用途 : ペーパー粉砕工程、ペーハー調整タンク
- 主な適用モデル : EA、EPSI
設置例レポート
1.顔料真空乾燥機の効率アップ
ある粉体塗料メーカーでは、顔料用ロータリー式真空乾燥機にMECO、EASシールを採用し乾燥効率を大幅に向上させることに成功している。
顔料に35%前後含まれている湿気を1-2%にまで乾燥される工程をおこなっているが、従来型のグランドパッキンでは、設置初期の真空度、密閉度の性能を維持することが困難で、1バッチのプロセス時間が8時間もかかっていた。 また研磨性の高い粉体のリークでシャフトの磨耗も問題となっていた。
そこで、MECO、分割型EASシールが採用され、 プロセス時間は約4時間に短縮されたばかりでなく、粉体のリークも無くなった。さらにシャフトの損傷が無くなったため、 高価な補修の必要も無くなり大きな成果をもたらしている。
ケーススタディ1:真空乾燥機 MECO_case_1.pdf (165Kb)
2.コンベアラインの停止時間短縮
旧型のコンベア用MECOシールを装備していたスクリューコンベアに対し、分割型EASシールへの変更を行なうことで、 メンテナンスによる停止時間を大幅に削減することに成功した。
搬送材料はアルカノールXCと呼ばれる写真現像などに使用される乾燥粉末の界面活性剤で、それを水平置きのスクリューコンベアにて2インチ径のシャフト、11rpmという条件で包装工程に搬送しているが、従来に比べシール寿命が6倍に、メンテナンス時間は1/4になった。
ケーススタディ2:スクリューコンベア MECO_case_2.pdf (171Kb)
3.触媒製造工程における作業環境向上と経費削減
特殊触媒の抽出を目的として、アルミナ、クレイ、ゼオライト、シリカ等を毒性のある化学薬品に混合している工程で、 2軸のシグマブレードミキサーが使用されている。その絶えず粉体のリークを起こすグランドパッキンが問題となっていた。
そこで、MECOエアパージ方式EASシールが採用された。EASシールでは、パージエア圧の監視と、シール面圧の約6ヶ月ごとの微調整のみを行なえばよいだけで、作業環境改善向上はもちろんのこと、機械の停止時間を1ヶ月あたり1シフト分削減し、 年間3000ドルのパッキン材料費を節約するに至っている。
ケーススタディ3:ブレードミキサー MECO_case_3.pdf (319Kb)
4.真空乾燥機における操業時間短縮(農薬製造)
ある農薬製造における真空乾燥機において、従来型のメカニカルシャフトシールと補助的なラビリンスシールが採用されていたが、シャフト振れの要求度がTIR 0.15mm以下という厳しいものであった。当初は順調に稼働していたが、ある事故によりシャフトの芯ブレが許容度を上回るようになりガスのリークが頻繁に起こるになった。
そこで、二分割タイプのEASシールを設置することになった。TIR 6mm以上の軸ブレを許容するMECOシールによりガスのリークが収まり、真空度が設計通りに制御できるようなったため、1バッチの工程時間が約25%短縮された。
ケーススタディ4:真空乾燥機2 MECO_case_4.pdf (296Kb)
5.ドライフーズ加工のリボンブレンダーにおける成功例
ドライ食品の調合工程で様々な素材を調合する際、各素材に共通して含まれる砂糖が問題の原因となっている。
砂糖が熱され溶けて、カラメル化し、シールの間に流れ込み、ミキサーのシールにダメージを与えるのである。 そのメンテナンスに、毎週6~8時間のダウンタイムだけでなく、多額のシールの交換費用と人件費がかかっていたが、 完全二分轄構造のMECO AHSを設置後すぐに状況が改善され、取り付け後一年内に一度のシール調整のみで済み、 大幅なコスト削減につながった。
ケーススタディ5:リボンブレンダー MECO_case_5.pdf (157Kb)
6.真空乾燥機での生産性向上
ある化学品製品メーカーでは研磨性のあるペーストを乾燥させて2種類の化合物樹脂を製造している。 各ペーストには異なる溶剤が含まれており、横型ロータリー真空ドライヤーにて精製している。
軸シール部分にはグランドパッキンが使用されていたが、シャフト軸が加熱、冷却されるとパッキンとシャフトの間に隙間が生じ、ドライヤー内の真空を保てなくなっていた。さらには樹脂のリークにより、シャフトの摩耗や製品の純度が保てない問題もあった。
そこで耐溶剤性能のあるMECOカスタムシールの導入が検討されることとなった。
ケーススタディ6:真空乾燥機3 MECO_case_6.pdf (445Kb)
各種モデル
EA (EAS、EAU)
・完全二分割
二分割モデルとして設計される場合は、EASというモデル名となります。
非分割モデルとして設計される場合は、EAUとなります。
シール性能を損なうことがないよう、分割面は精密に加工されており、メンテナンスの簡便性から、全体の90%以上は二分割シールとして供給されております。
EAS分割構造
・外部調整型 エラストマードライブ方式
EAU-非分割モデル、またEAS-2分割モデルは、ドライ粉体、ペースト、スラリー、液体、ガス、蒸気など広範な回転機器に適応されるドライランニング、メカニカルシールです。
従来のグランドパッキンによるシールでは、リーク又は異物混入の問題が発生する場合に、その改造として多くの成功を収めております。

EASシールは完全な2分割構造をとっておりますので、取付時にシャフトからベアリングを取り外すことなしに、シールを組付けすることができます。

シールの構造はシンプルで、内部にスプリング等機械的な構造がなく、シール摺動面の接圧は外部のナットを閉め込むことで調整をします。ですので、シール接圧の調整は分解をする必要がなく、時には装置を運転している最中に調整することさえも可能にしています。
EAUEASシールはシャフトの振れを大きく許容することができる設計になっているため、シャフトのたわみが大きな装置につけてもそのことによってシール性能を損ねることがありません。
部品点数が少なく、シンプルな構造ですので、頻繁な分解洗浄が望まれる食品機械、医薬品製造機械に多く用いられております。
・構造と動作原理
EASシール 構造図シールは、ステンレス鋼材のインボードハウジング、アウトボードハウジングの間に回転部をサンドイッチする形でセットされます。 回転部は対になったローター、中心のドライブエラストマーとからなります。
このエラストマーは、シール面を押しつける働きをし、またシャフトの回りに巻かれることでシャフトをグリップする働きがあります。シャフトが回転するとドライブエラストマー、ローター共に回転をします。

ハウジングに周回状に設置されたアジャスティングスタッドにより、インボードハウジングとアウトボードハウジングが一体になっており、アウトボードハウジングから飛び出たスタッドにセットされたナットの締め付け具合を調整することにより、ハウジング間の距離が規定され、シール摺動面の面圧が調整されます。 シール面圧は、ハウジング間のギャップを隙間ゲージにより微調整することにより最適な状態に合わせることができます。

ドライブエラストマーはシャフトに密着してグリップしているため、軸表面沿いのリークをシールしています。
ローターとインボードハウジングの面は互いに合わさり、シャフトに垂直な動的なシール面、すなわち摺動面を形成します。

アジャスティングガスケットはハウジング間の側面をシールしています。ゴム材でできているため、ハウジング間のギャップ調整を可能にし、また内部の空洞にパージを施すことを可能にしています。 パージメディアはアプリケーションによって、選択されます。一般的にはエアー、または窒素パージを施しますが、水によるクエンチングの場合もあります。

ハウジングにはステンレス鋼材が使用され、そのグレードは用途によって使い分けされます。ローターはベアリンググレードのプラスチックにて製作されます。
・インストレーション
EAS取付風景既設のグランドパッキン、ランタンリングを取り外したのち、通常は数時間にて設置することが可能です。
既設機械のボルトサイズ、位置にあわせて、EASシールのインボードハウジングの取り合いをカスタム設計します。 軸方向の設置スペースが小さい場合は、スタッフィングボックスを取り外してから設置することがあります。また装置側のボルトピッチによっては、アダプタープレートを介して、EASシールをその上に取付ることもあります。
・アプリケーション
EASシールは他のMECOシール、各モデルと同様に個々の用途に応じてカスタム設計されます。標準的には、6mm(TIR)のシャフト振れを許容できるようデザインされますが、それより大きくとることも可能です。

EASシールは、製紙リサイクルのパルパー用の軸シールとしてデザインされましたが、今では化学、プラスチック、食品、医薬品、バイオなど広範囲にわたって応用されるようになりました。
ペーパーストックアジテーター、粉体のリボンブレンダー、ポリマーの乾燥機、有機溶剤の抽出機、押出機、コンベア、撹拌機等に使われており、サイズとしては最大で711mm直径のシャフト用に製作した実績があります。

対象プロセス物としては、あらゆるタイプのドライ粉体をはじめ、チーズ、液体チョコレート、イブプロフェン(薬剤)、トマト、乾燥ミルク製品、血漿、フルーツジュース、炭化水素ガス、有機溶剤など多岐にわたっています。化学産業では有機溶剤のVOC飛散の低減としても近年活躍をしております。
EASシール設置例大径EASシール
AH (AHS、AHU)
・エラストマードライブ方式
AHシリーズは、MECOシールを特徴づけているエラストマーによるドライブ方式のシール、モデルEAから発展的に考案、開発されたモデルです。
EAシールと同様な駆動方式を採用しておりますが、シール摺動面の接圧調整工程が不要なデザインとなっており、より簡単に設置、またはメンテナンスしていただくことが可能となっております。
そのため、シールの分解洗浄が頻繁に求められる現場に向いており、クリーニング後の組立、調整が簡単で確実に復旧することができます。
AHシール
・適応装置
AHシールは、研磨性が比較的穏やかな粉体プロセスの軸シールに向いております。
主な装置として リボンブレンダー、パドルミキサー、リアクター、スクリューコンベア、バケットエレベーターなどの粉体混合装置、輸送装置に適用されております。 食品、医薬品機械に採用されることが多く、ドライビバレッジ、スパイス、フレーバーの混合など、頻繁にクリーニングが要求される用途に向いております。
AHシール設置写真
・構造と運用方法
AHシールは堅牢なステンレス鋼材のステーターを使用しており、ロングライフ、精密な平滑度を保証しております。
AHS
モデルは完全2分割モデルであるため、シャフトを装置から抜き取ることなくシールを取付ることができます。 食品、医薬品の分野では、CIPポートを設け、洗浄時には水で内部を洗い流す方式をとることも少なくありません。
・他の優位性
また、ベアリング保護のために用いられているリップシールの代わりに用いられることもあります。AHシールはMECOシールの中では薄型であるため軸方向のスペースが限られている場合でも設置することができます。
MECO-PAC
・ロータリーバルブ用シール
MECO-PAC写真 MECO-PACはエラストマータイプのシールで、スタッフボックス内のグランドパッキンを置き換える形で使用されます。スタッフボックスは既設のまま使用するため、ロータリーバルブやエアロックなど軸方向の取付スペースが非常に狭いアプリケーション専用のモデルとなります。

他のエラストマータイプのMECOシールと同様、シャフトとともに回転するローター部分と、ローターと摺動するステーター部分とからなります。
・用途
食品、医薬品、ケミカル用途のロータリーバルブ、エアロックの軸シールとして採用されています。
・取付スペース
既存のスタッフボックスにおいてスペースに条件がございます。
ボックス内の最小奥行: 32mm
シャフト面との隙間: 8mm以上
もしこの条件を満たさない場合は、スタッフボックスも含めてMECOシールを設計することになります、その場合はモデル AHS、AHUが主に選定されます。
・構造
内外二つのステーターには通常、MECO3000プラスチックが用いられます。ステーターとスタッフボックス及びグランドフォロワとの間にはゴム製のステーターガスケットが介在します。このガスケットにより、ステーターはボックス内で固定部分として保持されます。
シャフトと従動する回転部分は対になったステンレス製のローターで、MECO3000ステーターとの間でプロセス側、大気側の摺動面を形成します。このステンレス製のローターは間に挟んだドライブエラストマーによりシャフトに保持され、シャフトの回転とともに回転します。
EPSI
・メカニカルドライブ EX PACシール
EPSIシールはMECOシールの各モデルの中で最上位に位置するモデルです。
軸振れを許容するだけでなく、軸のスラスト方向の動きも許容するため乾燥機等、シャフトの伸び縮みが考慮されなければならない機器にも対応することができます。
また、2次シールとしてPTFEパッキンを使用しますので多くの有機溶剤に対して応用することができます。
EPSIシールカット写真
・優位性
EPSIシールはEA、AHモデルと同様ダブルフェースのシールで、ハウジング内にエアまたは窒素パージを導入します。パージエアーはバリアーとして働き、缶体内部の有毒ガスが直ちに大気中にリークするのを防ぎます。またエラストマー(ゴム材)を使用しないデザインも可能で、ゴム材がつかえないような化学物質、即ち有機溶剤を扱うプロセスに応用することができます。

EPSIシールはシャフトのスラスト方向の動きに対し許容度が大きいシールです。
このことは、缶体内の圧力変化や温度変化が大きなプロセスに対し有利に働きます。シール面の面圧は外部のスプリングにより一定に維持され、シャフトがスラスト方向に動いたとしてもシール面の気密性が確保される機構となっております。
EPSI分割構造
・アプリケーション
典型的な装置として、押出機、真空乾燥機、研磨性のある粉体を扱うブレンダー等が挙げられます。
有機溶剤のアプリケーションにも対応することができます。
EPSIシール押し出し機向けEPSIシール
右側:2軸押出機用に製作されたEPSIシール
OFS
・シングルフェイス シール
OFSシリーズはMECOシールのほとんどのモデルがエアパージ、液体によるクエンチングを前提としている中でパージメディアが不要という点でユニークな存在です。 シングルフェースのシール摺動面を有するOFSは当初、シャフトの振れが大きく発生するタテ型の撹拌機用の軸シールとして開発されました。OFSシールは構造がシンプルで、パージメディアを要求しないため、今ではその優位性を生かして、バッチ間に頻繁にクリーニングが要求される食品分野でのヨコ型ブレンダーにも応用されています。
OFSシール写真
・優位性
OFSシールは設置が簡単でパージエアーを必要としません。
またエラストマー(ゴム材)を使用しないデザインも可能ですので、ゴム材がつかえないような化学物質をあつかうプロセスに応用することができます。
シール面の面圧は外部のスプリングにより一定に管理されていますので、安定的なシールが確保されます。
・洗浄性能
OFSシール設置写真OFSシールはシンプルな構造によりプロセス内部にて精密に水洗いをすることができます。このことは、頻繁に内部の水洗いが必要となる、例えば砂糖を含む各種粉体のミキシング工程では、使いやすい軸シールとなります。
OFS
シールのインボードステーターには、CIP液の導入口を設けることができ、ミキサー内部の洗浄時にこのCIP液導入口から洗浄液を注入することで内部に蓄積するプロセス残さを残さずに洗い流すことが可能となります。
・機械的特性
OFSシールはシャフトの振れの動きを大きく許容することができます。このため、シャフトの長いタテ型の撹拌機ではしばしば、撹拌羽根にかかる負荷によりシャフトは大きく振れて回ることになりますが、このような場合にでもシール性能を確保することができます。
またシール摺動面の空冷性能に優れているので高温、高速の条件下での使用範囲が広がります。OFSシールは非分割タイプ、二分割タイプのどちらにも設計することができ、有機溶剤のアプリケーションにも適応することが可能です。
真空を保持する機器にも応用されており、プロセス時間の短縮に貢献しております。
HB
・標準サイズ
HBシールは、コンベア用のシールとしてサイズを標準化し設計いたしました。機構はエラストマードライブ方式のモデルの一つとなります。
ハウジング寸法をアメリカのコンベア協会の標準に合わせ規格化しているため、カスタム設計することができませんが、その反面、低コストにてご提供できるシールとなっております。
ハウジングについては、在庫しているアイテムとなりますので、比較的短納期にてお納めすることが可能なシールです。
OFSシール写真
・適応装置
HBシールは、主に粉体用スクリューコンベア、スクリューフィーダーに用いられます。また条件によっては、リボンブレンダー等の混合装置に応用されることもあります。
・構造と運用方法
シール摺動面は他のモデルと同様に、MECO3000等のプラスチックのローターとステンレス固定部との組み合わせとなります。
他のモデルと同様エアパージを施すことによりシール性能を最大限に発揮する設計となっております。

ローター回転部はMECO3000プラスチックが基本ですが、用途に応じて高密度ポリエチレンをご選択いただくことも可能です。
ハウジングはステンレス、アルミニウム、そしてナイロンの3種類をご用意しており、取付環境によってお選びいただくことができます。

ハウジングの取付ピッチ等はアメリカのコンベア協会(C.E.M.A規格)による基準値に合わせて標準化されておりますので、カタログ上の図面をご確認いただくことで貴社のコンベアに装着可能であるか、即座にご判断いただくことが可能です。
ハウジングは非分割設計ですが、消耗部品である回転部についてはオプションにて分割タイプをご選択いただくことが可能です。
・優位性
粉体の漏れをストップすることはもちろんのこと、そのことにより、ベアリング保護、長寿命化に貢献することができます。HBシールはMECOシールの中では薄型であるため軸方向のスペースが限られている場合でも設置することができます。
・他のモデルに比較しての注意点
・ハウジングは2分割にすることができません
・標準化されたハウジング
ハウジングの取付穴は、長穴設計にてある範囲のピッチ幅を有しておりますが、規格化されたサイズとなっております。(シャフト径に応じて5種類のハウジングをご用意)

・シャフトサイズ 40mm~90mm
・ドライブエラストマーの材質 シリコンゴム、バイトン、またはEPDMゴム
オーダー
ご注文の流れ
1.御問合せ
シャフトシールについての問題がございましたらお気軽にお問い合わせください。
内容物の漏れ、VOC対策、パッキンからの異物混入、シールの発熱(焼け、焦げなど)、真空度が上がらない 等
2.データシート ご記入
アプリケーション、装置のタイプ、シャフトサイズ、温度、圧力、回転数、プロセス物の情報 等 できるだけ詳細にご記入ください。
記入用紙はこちらからダウンロードできます。
3.データシート内容精査
いただいたデータシートに基づき、MECOシールの適用の可否について営業担当がご相談させていただきます。
4.お見積り
データシート、現場の実地計測等を基にお見積させていただきます。
アプリケーションがMECOシールの適用範囲外であったり、現場の設置スペースが狭すぎる場合は残念ながら、お見積できない場合がございます。
5.ご用命
ご注文いただきますと、まず承認図面の準備に取り掛かります。
約10日程度お時間をいただいております。
6.図面承認作業
シャフトのサイズ、ボルト位置、軸方向のスペースなど現場の装置の情報が図面に反映されているかユーザー様にご確認いただきます。
7.製作開始
HBシールについてはそのほとんどを在庫しておりますが、カスタム仕様のモデルでは1.5~2.0カ月程度 製作納期を頂戴しております。
ご用命のモデル、サイズ、数量により納期が異なります。
8.検品、納品
Woodex社による厳正な検査の後出荷されます。
9.MECOシール取付
ご希望であれば取付時には、当社より指導員を派遣いたします。
用途、場所などにより指導員派遣は有償となる場合がございます。
多くの場合、取付けに際して特殊ツールなどは必要といたしませんが、できる限り当社指導員による立会をさせていただくようお願いをしております。
10.試運転立会い
取付後 試運転していただきます。
エアパージの維持、シールの動作について確認をいたします。
11.その後の経過フォロー
営業担当より取付後のフォローをさせていただいております。
MECOシールは個々の用途に応じて、管理方法が異なる場合があります。
パージエアーの設定値、設定方法などについて最適な方法を見つけられるよう、担当者がご相談させていただきます。
またシール性能が不安定な場合は、責任をもって改善策についてご相談させていただきます。
12.メンテナンス
消耗部品の交換時期がきたらメンテナンスを実施します。
ローター、ゴム材、パッキン類が消耗部品となります。
(消耗部品の寿命は用途より異なります)
お問い合わせデータシート
仕様お打ち合わせの際は、下記のデータシートに装置仕様をご記入下さい。
データシートダウンロード(MECO_OrderDatasheet.pdf) 問い合わせデータシート お送り先:株式会社テクノサポート
FAX:072-730-2304
その他・資料
EAシール ムービー
MECOカスタムシャフトシールの中で代表的なEAシールのムービーがご覧頂けます。(BGM付き)
  1. シール部分の説明
  2. ローターの部品構成
  3. 半割り構造による組み付けの説明

このページ内で動画を再生するには、Adobe Flash Player 10.3以上が必要です。

Adobe Flash Player を取得
最新バージョンをインストールしていただくか、こちらから動画をダウンロードして下さい。

全画面表示のアイコンをクリック↑
木製軸受
・歴史
木製軸受 加工写真 木は機械の材料として人類に最も古くから使われてきました。 木はどこにでも豊富にあり、工作が容易であり、さまざまな目的に柔軟に対応する性質をもっていたからです。
製粉機械、水車、ポンプ、クレーン等、シャフトが使用されている装置は多種多様ですが、その軸受け部品にも木が使用されてきたのです。
木製のベアリングとは現代人からすると想像しがたいものかもしれませんが、何千年もの間使用されてきたことは事実であり、また現在においても、ある種のアプリケーションにおいては、木製の軸受けのほうが他の素材よりも優れた性能を発揮することがあるのです。
・WOODEX BEARING社
1905年に創業されたWOODEX社は油を含浸させた木製の軸受けや機械部品を供給してきたアメリカの会社の中でも最も歴史の古い会社のひとつとして知られています。
常に新しいテクノロジーを取り入れ、高品質を追求する伝統的な社風が、木という昔からあるありふれた素材を、今の時代が要求する高度な技術製品として提供すること可能にしています。
WOODEX社には、スクリューコンベア用ハンガーベアリングロールエンドスリーブピボットベアリングなど多くの標準製品と共に大量の原材料を常時在庫しており、ユーザー指定による設計品でも通常1週間から10日以内に出荷することが出来ます。
・リグナムバイタ と サトウカエデ
木製軸受 ロールエンド軸受 水中で使用されるタービンや水車の軸受には、熱帯雨林産のリグナムバイタ(ゆうそうぼく)が理想的とされるものがあります。リグナムバイタは密度が高いうえ、天然油の含有率が高くその天然油が潤滑の働きをするので、特に水中での使用に耐久性、耐摩耗性があるという特徴を有しています。しかし成長速度が非常に遅く赤道を離れると入手するのが困難なため非常に貴重な材料として珍重されてきました。また現在は条約により流通制限がかけられている為、入手が難しくなっております。
 WOODEX社では、小片をあつめて大きなブロックに成型する技術を備えており大口径のシャフト用に今でもこのすばらしい素材を供給することが可能です。

 また現在では油を含浸させたサトウカエデが使用されるようになりました。湿式アプリケーションではリグナムバイタに劣りますが、乾式アプリケーションの場合リグナムバイタとは違った魅力的な特性を持ち合わせています。
 サトウカエデの木質は複雑な構造を持った管状の細胞が連続的なパイプ状に構成され潤滑材を溜め込んだり、放出したりする機能を持っています。この潤滑作用によってシャフトとの摩擦が減るのです。また砂や砂利がシャフトと軸受の接面に入り込んでしまうと、プラスチック製ベアリングの場合、異物を撥ね付ける特性によってシャフトが激しく傷ついてしまいます。
それとは対照的に木材の圧縮製のある繊維構造は入り込んだ研磨性粒子を抱きこむ働きがあります。異物は潤滑油の油膜で覆われベアリングの一部として有効に働き、シャフトの損傷はわずかで済みます。
・潤滑性能
潤滑剤は常温では固体で木材繊維の中に蓄えられた状態です。はじめシャフトは軸受に機械的に接触しており、シャフトが回転すると摩擦熱によって潤滑剤が溶け出し、シャフトと軸受けの境界に流れ込みます。この状態では、潤滑膜は非常に薄いため機械的接点があり、軸受の磨耗はそれに与えられる荷重とスピードに比例します。
 熱が上昇し潤滑剤がさらに溶け出して、大量に境界に流れ込むと機械的接点の無い全面膜潤滑が形成されます。この流体的な潤滑状態では、ベアリングの寿命はそれこそ機械本体の寿命と同じくらい長くなります。
   流体潤滑の状態では、摩擦熱が発生しないので境界部の温度が下がります。すると潤滑剤は木材繊維に再吸収されます。そして摩擦熱が再び発生すると潤滑剤が溶け出こととなります。
 Woodexベアリングは製作時に、それが仕事をする期間中十分な潤滑剤が含浸されていますので、外部から別途注油をすることは必要ありません。むしろ注油は本来の潤滑性能に悪影響を及ぼす原因となります。
・作成例
スリーブ軸受、フランジ軸受、スラスト軸受、ハンガー軸受、ロールエンド軸受、自己調芯型球形軸受など、様々なアプリケーションに対応。
EASシール設置例大径EASシール
・詳しい情報
詳しくは以下のPDF資料をご覧ください。
WOODEX 木製軸受リーフレット wood_bearing_leaf.pdf (1,034Kb)
Woodex社 木のベアリングのお話 wood_bearing_story.pdf (85Kb)
カタログダウンロード
MECO カスタムシャフトシール 総合カタログ MECO_catalog.pdf (4,693Kb)
なぜMECOシールですか? MECO_why.pdf (588Kb)
MECO EASカタログ MECO_catalog_EAS.pdf (2,512Kb)
MECO AHSカタログ MECO_catalog_AHS.pdf (2,575Kb)
MECO EPSI(EX-PAC)カタログ MECO_catalog_EPSI.pdf (1,218Kb)
MECO OFSⅠカタログ MECO_catalog_OFS-1.pdf (116Kb)
MECO OFSⅡカタログ MECO_catalog_OFS-2.pdf (906Kb)
MECO HBカタログ MECO_catalog_HB.pdf (566Kb)
MECOシール 設置例(ケーススタディ)資料 MECO_casestudy.pdf (1,024Kb)